オンラインカジノ その仕組みや歴史について

オンラインカジノって何?

オンラインカジノとは、今全世界で8000万人以上のプレイヤーが存在している、オンライン上で楽しめるギャンブル・ゲームの一つです。
日本の公営ギャンブルとは違い、海外でメジャーとなっているギャンブルであり、日本ではまだ馴染みはそれほどありません。

しかし、海外諸国では親しまれているエンターテイメントの一つであり、まだ新しいながらも、その歴史もあります。
オンラインカジノは、1994年に初めて登場したオンライン上のギャンブルで、実際のカジノとは違い、比較的新しいものになります。実際のカジノはさらに古い歴史がありますが、オンラインカジノは、インターネットの普及とともに、急成長してきました。
このときに、初めてオンラインカジノに関する法律が出来、ライセンスが発行されないことには運営会社が運営を出来なくなるという法律が出来ました。
その後、多くのソフトウェア会社が開発に名乗りを上げ、オンラインカジノ事業に参入する形になりました。
そして、インターネットが普及するとともに、少しずつプレイヤーの数も増え、今では数千ものオンラインカジノがあるといわれています。

現在では、オンラインカジノサイトも、誰しもが知るような大手の業者が運営をしていたりと、その規模や知名度なども高まっているといえるでしょう。

オンラインカジノの意外な仕組みとは?

オンラインカジノというと、なんとなく、インチキのようなイメージがあり、不正があるというイメージを持っている方も居ます。
しかし、オンラインカジノは、それらが合法となっている国において、政府から正式にライセンスが発効されて運営されています。
また、それに至るまでにも厳しい審査をクリアし、高いライセンス料を支払うことで、運営会社はオンラインカジノ運営を行っています。
このため、よほどのことがない限り、ライセンスを正式に取得している大手の運営会社が不正を行うことはありません。

また、オンラインカジノサイトは、ライセンスを取得した後にも、第三者である監査機関の審査を受け、そしてこれをクリアした場合にのみ、運営が出来るという仕組みになっています。
こちらの監査では、プログラムに不正がないか、ペイアウトがなされているかなど、公平性や信頼性などが厳しくチェックされていますので、不正が出来ない仕組みになっているといえるでしょう。このように、オンラインカジノは実は厳しい審査を経た上で、成り立っているサイトなのです。